ふくしま医療機器産業推進機構

ふくしま医療機器開発支援センター【外部リンク】

ふくしま医療機器産業推進機構 > お知らせ・事業報告

最新情報

医工連携人材育成セミナー(No.05~08)開催報告

2015.09.29

医工連携人材育成セミナー(プログラムNo.05~08)を開催しましたので、ご報告いたします。

■開催日時:平成27年9月17日(木)~18日(金)
■開催場所:一般財団法人ふくしま医療機器産業推進機構 内
■参加者数:67名
■概要
【No.05 医療機器デザインと安全確保】
 (日本光電工業株式会社 技術戦略本部 デザインセンタ 部長 有光隆也氏)
   ○医療機器のデザインについて、機器設置の環境、製品の造形や表示、使用者の認識や感覚など、
     医療機器の特殊性を実際のデザインワークを通して学んだほか、ベッドサイドモニタ(重要
     パラメータ付き多項目モニタ)や生体情報に係る送信機(テレメトリー式心電送信機)など、
     実機を用いてコンセプトやユーザビリティの重要性を学びました。

【No.06 医療機器開発に必要な生理学】
 (広島国際大学 保健医療学部 診療放射線学科 学科長 清水壽一郎氏)
   ○医療機器を製造するものづくり企業がなかなか学ぶ機会の無い生理学について、人体の基礎から
     循環器、呼吸器、消化器を学んだほか、パルスオキシメータや人工呼吸器など代表的な医療機器の
     原理を学びました。

【No.07 医療機器と安全管理の現状】
 (一般財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院 臨床工学技師長 安藤啓子氏)
   ○医療機器の使用や管理の実態について、医療施設での体制作りや取り組みのほか、ペースメーカー、
     ステント、カプセル内視鏡等の最新の実機を手にしながら学びました。
     また、実際の臨床現場や医療機器の保守点検などの動画を通して、医療施設における安全管理の
     実態を学びました。

【No.08 医療現場における診断・治療機器】
 (一般財団法人ふくしま医療機器産業推進機構 プロジェクトアドバイザー 入谷隆一)
   ○心電計、X線検査、MRI検査、超音波検査などの代表的な診断について、診断の目的や手法
     と各機器の構造を学んだほか、循環器系治療、癌治療、内視鏡治療、放射線治療、陽子線治療、
     在宅人工呼吸療法、 整形外科、血液浄化、救急治療など治療の種類と使用される医療機器を
     幅広く学びました。

受講者アンケート結果