ふくしま医療機器産業推進機構

ふくしま医療機器開発支援センター【外部リンク】

ふくしま医療機器産業推進機構 > お知らせ・事業報告

最新情報

医工連携人材育成セミナー(No.09~12)開催報告

2015.10.19

医工連携人材育成セミナー(プログラムNo.09~12)を開催しましたので、ご報告いたします。
■開催日時:平成27年10月15日(木)~16日(金)
■開催場所:一般財団法人ふくしま医療機器産業推進機構 内
■参加者数:91名
■概要
【No.09 医療機器開発の手順】
(テルモ株式会社 秘書室 産業政策部長 三澤裕 氏)
○医療機器開発の手順について、研究、開発・非臨床試験、臨床研究・治験、許認可申請、市販後の各プロセスで実施する項目を、フローや事例により学んだほか、コンセプト設定に至るまでの医療現場観察や医療従事者とのディスカッションの重要性やニーズ発見から事業化までの一貫したプロセスを学びました。

【No.10 知的財産権の仕組みと事例】
(一般社団法人福島県発明協会 知財アドバイザー 桐生正人 氏)
○知的財産権の種類や各制度の流れや留意点について、具体的な事例を基に学んだほか、演習問題や判例等を通して、特許権の要件や時期、権利の活用方法や事業戦略等を学びました。

【No.11 医療機器の基本要件基準】
(東芝メディカルシステムズ株式会社 経営企画部 古川浩 氏)
○法第41条第3項の規定により厚生労働大臣が定める医療機器の基準について、申請区分毎に定められた他の基準との関係を学んだほか、各条文で求めている基本要件の意図と対応方法について、基づくべき規格や適合の方法を一つ一つ学びました。

【No.12 医療機器のリスクマネジメント(ISO14971)】
(東京慈恵会医科大学 総合医科学研究センター 医用エンジニアリング研究部
非常勤講師 金本光一 氏)
○リスクと安全の定義や考え方、リスクマネジメントにおけるリスク分析、リスク評価、リスクコントロールにおける手順や要素を学んだほか、リスクの洗い出しをグループ実習で実践後、ETA、FTA、FMEA、HAZOP等の手法の特徴等を学びました。

受講者アンケート結果