ふくしま医療機器産業推進機構

ふくしま医療機器開発支援センター【外部リンク】

ふくしま医療機器産業推進機構 > お知らせ・事業報告

最新情報

医工連携人材育成セミナー (No.38~41)開催報告

2016.03.28

医工連携人材育成セミナー(プログラムNo.38~41)を開催しましたので、ご報告いたします。

■開催日時:平成28年3月17日(木)・18日(金)
■開催場所:一般財団法人ふくしま医療機器産業推進機構 内
■参加者数:21名
■概要
【No.38 国内外の知的財産権とビジネスモデル】
 (KHE国際特許事務所 所長 弁理士 小西頴氏)
 ○医療機器産業における知的財産について、出口戦略における必要性、ビジネスモデル毎に取得すべき権利、
  権利を必要とする場面など米国における特許の重要性を参考に、ビジネス上の重要性を学びました。また、特
  許の要点や効用、出願時の齟齬など実施上の問題点等を学びました。

【No.39 海外展開へ向けた外国出願の活用法】
 (KHE国際特許事務所 所長 弁理士 小西頴氏)
 ○特許の外国出願について、目的、要件、実施権、消滅、侵害、損害学など特許制度と欧米アジアの特徴を踏ま
  え、適格な外国出願を学びました。また海外事業で使用した特許を基に、海外における市場やビジネス形態に
  沿った特許の使い方を学びました。

【No.40  医療機器輸出に係る貿易制度】
 (一般社団法人Medical Excellence Japan 参与 大島伸夫氏)
 ○医療機器の輸出について、建値・為替リスク・支払条件などの契約交渉と通関手続き・代金決済・保険などの船
  積の手順や注意点を学びました。また、世界各国の市場の特徴のほか、マーケティングに基づくビジネスモデル
  の重要性、世界で拡販するための段階的な手法を学びました。

【No.41  医療機器輸出に係る安全保障輸出管理】
 (株式会社日立メディコ輸出管理本部 副本部長 佐藤正信氏)
 ○安全保障輸出管理について、必要性や歴史を踏まえた国際情勢、リスト規制やキャッチオール規制といった法
  的体系、貨物や役務の規制対象など実際の管理業務を学びました。また、近年の違法輸出事故やEAR違法輸
  出事故に係る多数の事例により、注意すべきケースと事故時の対応を学びました。

受講者アンケート結果