ふくしま医療機器産業推進機構

ふくしま医療機器開発支援センター【外部リンク】

ふくしま医療機器産業推進機構 > お知らせ・事業報告

最新情報

MBLコース 第2回 開発・事業化実務セミナー 開催報告

2018.10.31

平成30年8月25日(土)ふくしま医療機器開発支援センターにて、MBLコースにおける第2回開発・事業化実務セミナーと共同研究(第4回メディカルビジネスラーニング)を開催いたしました。

次第
1 開会
2 開発・事業化実務セミナー①(90分)
 (1)演題:「異業種からの参入事例 ~プロジェクト立ち上げを中心に~」(45分)
     講師:林精器製造株式会社 代表取締役社長 林明博氏

 (2)演題:「起業からM&Aそして買戻し ~事業展開の契機を中心に~」(45分)
     講師:株式会社アイアールメディカル工房 代表取締役 河邊大輔氏
3 開発・事業化実務セミナー②(90分)
 演題:「ベンチャービジネス概論 ~スタートアップに大切なこと~」
 講師:一般社団法人MAKOTO ディレクター 川上恵氏
4 閉会

(主催者コメント)

 林様からは、県の施策を活用した自社における医療機器産業への参入経緯を紹介頂き、機軸事業を保ちながら新たな分野へ挑戦することの重要性を講義頂きました。また参入に当たっては、「医療現場でのニーズ把握」を含む4つの壁を経験しながらも、自社ならではの参入のコツについて紹介頂きました。
 受講者は各々、自分自身の強みの深掘りと、新しい分野の知識習得を意識しておりました。

 河邊様からは、ベンチャーキャピタルからの資金調達、血栓・異物除去カテーテルの開発、上場企業へのM&A実績、ファンドからの投資による買戻しに関する実例を紹介頂きました。また「ニーズの汲み上げ」「企画・図面化」を始めとする上市までの流れの中で最も重要なことのほか、医療の進化を踏まえた市場として開発ターゲットを紹介頂きました。
  受講者は、事業化に向け、専門領域に関する知識の必要性と、ネットワーク形成に向けた積極性を意識しておりました

 川上様からは、タイプと生存率、欧米との比較、存在意義といったベンチャー企業の概要のほか、成功に必要な3つの要素について、7つの基本マインドや3つの基本戦略など、起業における意識と求められる行動力についてご講義頂きました。また様々な事業分野における起業の事例について、戦略を始めとする事業の作り方等をご紹介頂きました。
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

共同研究(第4回 メディカルビジネスラーニング)

(主催者コメント)
 今回は、前回の医療現場観察を振り返り、分類した各課題に対してどのような理想像が考えられるかについてディスカッションを行い、課題の重要度・優先度を検討しながら、今後、取り組むテーマを議論しました。
 受講者は、自分自身におけるマインドやスピード感、戦略が重要であることを痛感しておりました。

 

実務セミナー①ー1受講感想

実務セミナー①ー2受講感想

実務セミナー②受講感想