ふくしま医療機器産業推進機構

ふくしま医療機器開発支援センター【外部リンク】

ふくしま医療機器産業推進機構 > お知らせ・事業報告

ニュースリリース

MBLコース 第1回 医療機器基礎知識セミナー 開催報告

2018.08.07

平成30年7月7日(土)ふくしま医療機器開発支援センターにて、MBLコースにおける第1回医療機器基礎知識セミナーと共同研究(第2回メディカルビジネスラーニング)を開催いたしました。

次第
1 開会
2 医療機器基礎知識セミナー①(120分)
 演題:「脳・神経系に関する医療機器」
 講師:公立大学法人福島県立医科大学 医学部 脳神経外科 助手 佐藤祐介氏
3 医療機器基礎知識セミナー②(120分)
 演題:「循環器系に関する医療機器」
 講師:公益財団法人星総合病院 病院長補佐 清野義胤氏
4 閉会

(主催者コメント)
  佐藤先生からは、脳卒中や頭部外傷、脳腫瘍といった代表的な脳神経外科に纏わる症例及び治療につきまして、画像と図解、動画により、わかりやすくご解説頂きました。
  特に、覚醒下手術や経鼻開頭同時手術のように、慎重かつ狭隘な術式が進歩してきており、受講者は、機器の細径化のほか、細胞の識別する機器や手術トレーニングを行う機器といった更なる機器の開発が求められていると学びました。

 清野先生からは、心臓及び血管における基礎となる解剖・生理学を含め、心音や心電図、エコー写真による正常と異常の違いのほか、様々な症例を踏まえた300頁を超える資料をご提供頂きました。
  特に、冠動脈疾患におけるカテーテルや補助ディバイス、不整脈におけるアブレーション等について、歴史から現状そして問題点を示唆頂き、受講者は、迅速かつ自由度の高い機器の開発が求められていることを学びました。

共同研究(第2回 メディカルビジネスラーニング)
(主催者コメント)
 今回は、「現場観察からイノベーティブな製品を開発する手法」について、環境の把握、ニーズの分析、プロトタイピング、課題の設定、マーケティングを清水ファシリテーターから改めて解説頂きました。
  また、年間のスケジュールの中で、いつまでに、どこまで進めておけば良いか、各チームでスケジュールを考えて頂きました。

基礎セミナー①受講感想

基礎セミナー②受講感想