ふくしま医療機器産業推進機構

ふくしま医療機器開発支援センター【外部リンク】

ふくしま医療機器産業推進機構 > 課題解決型医療福祉機器等開発推進事業

課題解決型医療福祉機器等開発推進事業

【目的】
本事業は、県内企業の新たな医療福祉機器等の開発支援につなげるため、医療従事者等へのヒアリングを実施することにより、救急・災害現場の課題やニーズの蓄積を図ります。
【事業内容】
 

(1)ニーズ調査の実施
福島県内企業の新たな医療機器開発につながる救急災害現場の課題やニーズの蓄積を図るため、救急・災害現場の事情や感染症防止対策等に造詣の深い医療従事者等から課題やニーズのヒアリングを行い、医療機器の規制当局経験者である薬事戦略専門家の設置及び医療現場のニーズや課題を把握し、医療機器の基本戦略や品質マネジメント体制など、事業化に向けた支援を行います。
なお、ニーズや課題については、救急・災害医療、新型感染症対策等に増資の深い専門家による協議を行い、調査テーマの決定及び調査結果に対する検討を行います。

(2)展示会出展
テーマに基づき、展示会等に福島県ブースを出展し、企業の販路拡大の支援を行います。
※テーマについては決定次第当HPでお知らせします。

(3)補助事業採択事業者の支援
県が実施する「令和3年度課題解決型医療福祉機器等開発事業費補助金」の採択企業が当該事業において取り組む課題や販路開拓に資する助言を行います。