ふくしま医療機器産業推進機構

ふくしま医療機器開発支援センター【外部リンク】

ふくしま医療機器産業推進機構 > お知らせ・事業報告

事業報告

「メディカルクリエーションふくしま2020」 開催のご報告

2020.10.30

メディカルクリエーションふくしま2020は、10月16日(金)・17日(土)の2日間、大盛況のうちに終了いたしました。ご出展・ご来場、誠にありがとうございました。
■特設サイト来場者数
10月16日(金) 2,083人
10月17日(土) 1,149人   合 計    3,232人
■出展企業・団体数 157
開会式・閉会式等の様子は特設サイトにてご視聴いただけます。
次回開催は、2021年10月28日(木)・29日(金)を予定しております。

【第9回メディカルクリエーションふくしま(MCF)大賞】
   受賞された企業の皆様、誠におめでとうございます。

【MCF大賞】株式会社システムフレンド(広島県)/[共同出展]ひろしま医療機器関連産業研究会
 https://www.systemfriend.co.jp/service/akira
 ▶Mobile Motion Visualizer 鑑AKIRA 
(審査員コメント)
  ・すでに確立したモーションキャプチャー技術を医療に応用したことが極めて斬新
  ・非接触である点が評価でき、ソフトウエア等が開発されれば、多くの用途で利用可能
  ・工学が医療に貢献する、本来あるべき姿をかたちにしたもの
  ・これからの医療機器が貢献すべき姿を象徴的に示しているものであり、そのメッセージ性も含めて大賞
     に相当する


【優秀賞】株式会社住田光学ガラス(本社:埼玉県、田島田部原工場:福島県南会津郡南会津町)
 https://www.sumita-opt.co.jp/ja/
  ▶光学ガラスの材料開発から非球面レンズ・光ファイバーなどの光学部品、それらから構成される光学デ
     バイス製品
(審査員コメント)
   ・光学技術とガラス技術を保有し、極細ファイバーとレンズを組み合わせる高い技術力を評価
   ・世界的にみても光学材料としての優位性は圧倒的
   ・特定の分野で高い技術を持つ企業が医療機器分野に挑戦し、参入に成功した良い見本である


【奨励賞】シナノケンシ株式会社(長野県)
   https://jp.aspina-group.com/ja/
 ▶CPAP・人工呼吸器ブロワ、医療機器用コンプレッサー
  (審査員コメント)
    ・従前から世界で高く評価されている製品
    ・圧倒的なコアコンピタンスで事業展開するという信念を評価
    ・人工呼吸器の小型化、軽量化への貢献に期待


【奨励賞】パルステック工業株式会社(静岡県)
   https://www.pulstec.co.jp/rd/medical/
   ▶臨床検査機器の受託開発/OEM生産 
  (審査員コメント)
    ・光波センシング技術などをコアとする臨床検査装置の受託開発は独自性がある
    ・仕様の検討から注文、納品まで一気通貫で対応できることが強み


【奨励賞】マルホ発條工業株式会社(京都府)
   https://www.maruho-htj.co.jp/
  ▶多条多層コイル、レーザー加工部品、首振り機構、微細コイル、電解研磨などの医療機器向け金属加工
     部品
(審査員コメント)
  ・バネ製品の開発で培ったコアコンピタンスを医療機器へ応用し、実現している点を評価
  ・優れた製造技術を複数組み合わせることで、他社の追従を許さない戦略性を評価
  ・冠動脈治療用ステントの国産化に寄与できる点を評価

 

【ケアサポート賞】タマチ工業株式会社(東京都)
 http://www.tamachi.jp/
 ▶Rcot(アールコット) 自律支援歩行補助椅子 
 (審査員コメント)
   ・可変式で、車いすや歩行器になる点に独自性がある
   ・歩行困難な方の移動手段でなく、立位を保持することでリハビリテーションの促進にもつながる製品
     であり、新規性がある。

 

 【アクセス賞】株式会社東陽(長野県)*資料ダウンロード数が最も多かった出展者様 
   https://www.toyo-tos.co.jp/
   ▶ 切削のノウハウを生かした「メディカルパーツ」等のチラシ

 

表彰式の様子は、後日特設サイトの動画コーナーにて配信し、受賞企業の製品や技術プレゼンテーションをご紹介いたします。

本サイトは2021年2月16日まで、継続的な交流が可能です。ぜひ出展者様の優れた製品や技術をご覧ください。各企業の資料ダウンロードや担当者へのメッセージ送付が可能です。
皆様のご来場を引き続きお待ちしております。